1.平日セミナー

 ⑴ 初級セミナー(M.K. 57才、女性) 近視

① 遠距離視力:左眼0.1→0.2、右眼0.1→0.2、両眼0.2→0.3

② 終了時所感:

少しずつ眼が楽になっていて、緊張が抜けていっていると感じています。普段の読書が、裸眼で楽しめるようになってとても嬉しいです。どのトレーニングもゲーム感覚で楽しみながらできるので、気軽に毎日の生活の中で実践できるところが素晴らしいと思います。少しずつですが見え方や身体の変化が感じられるので、焦らず気長に続けていきたいと思います。中級が楽しみです。ありがとうございました。

 

 ⑵ 中級セミナー(M.K. 51才、女性) 近視・老眼

① 遠距離視力:左眼0.5→0.8、右眼0.4→0.9、両眼0.6→1.2

② 終了時所感:

やった後、黒板の張り紙の文字がよりくっきりと見えました。作業中まめにパーミングで眼を休めながらできるので、また、電車の中でもできるので、是非日常の中でやってみたいです。とても素敵なことを教えていただき、感謝しております。

 

 ⑶ 中級セミナー(S.N. 55才、男性)老眼

① 近距離視力:左眼0.25→0.67、右眼0.25→0.4、両眼0.4→0.67

近点距離:左眼36→19cm、右眼37→20.5cm、両眼 35→16cm

② 終了時所感:

講座の度に視力が改善しては、日常の中で低下することを繰り返してきましたが、速読合宿を機に視力回復し、その後また低下していたのが、本日6回目の遠近トレーニングや円トレーニングで、近点距離が20cm以下に一気に改善しました。ありがとうございました。

 

  中級セミナー(Y.H. 60才 男性) 近視・老眼

① 遠距離視力:左眼0.07→0.2、右眼0.07→0.1、両眼0.1→0.3

近距離視力:左眼0.06→0.4、右眼0.08→0.3、両眼0.08→0.5

② 終了時所感:

自宅では、スイングを中心に、パーミング、通勤時のメガネ外しなどをやったぐらいでしたが、眼筋が少しずつゆるむ感じが出てきて、見やすさも少し上りました。これからも継続してトレーニングを続けることが大切だと感じました。

2.2DAY合宿セミナ

⑴ 2DAYセミナー(K. E. 64才 男性) 初参加 近視・老眼

① 遠距離視力; 左目 0.07→0.10 右目0.07→0.07  両目0.07→0.20

② 近距離視力; 左目 0.20→0.30 右目0.25→0.40  両目 0.25→0.40

③ 終了時所感

速読を始めた動機は「スーパーマンになりたい」ではなく、弱点(病的なまでの目のコリ)を何とかしたいであった。今回、正に自分の願望に直接アプローチできる講座を受講できたことは幸運であったと思っている。今後、トレーニングを習慣にして、効果を上げていきたい。

 

⑵ 2DAYセミナー( O. S. 50才 男性)中級終了 近視

① 遠距離視力; 左目 0.2→0.15 右目0.2→0.2  両目0.3→0.3

② 近距離視力; 左目 0.5→0.67 右目0.5→0.5  両目 0.67→0.67

③ 近点距離; 左目9.5→10 cm 右目9→9cm  両目10→7cm

④ 遠点距離; 左目22→25 cm 右目25→25cm  両目24→27cm

⑤ 終了時所感

近距離視力が前回終了時に比べ、かなりよく見えるようになっていました。スイングで視力が伸びていることが実感できました。日常でも、テレビの文字とか、掛け時計の数字がメガネなしで見えるようになっています。縦振りの時に、目の重さを感じ、動く状態がよく分かりました。

 

⑶ 2DAYセミナー( K. M. 55才 男性)中級終了 近視

① 遠距離視力; 左目 0.5→0.7 右目0.8→0.9  両目0.9→1.0

② 近距離視力; 左目 0.72→1.0 右目0.67→1.0  両目 0.72→1.0

③ 近点距離; 左目15.5→11.0cm 右目15.5→9.5cm 両目15.5→10.5cm

④ 遠点距離; 左目125→153 cm 右目142→182cm  両目140→182cm

⑤ 終了時所感

2日間ありがとうございました。全時間を目に良いこと(緩ませる)だけに使えたことで大変満足感があります。目を緩ませるために丹田を使うことの大切さを実感できたことが収穫です。

 

注) 遠距離視力とは、3mの距離から視力表で測った視力で、遠くを見る時の視力を表します。近視の程度を測る基準になります。近距離視力とは、30cmの距離から近距離視力用の視力表で測った視力で、近くを見る時の視力を表します。遠視の程度を測る基準になります。

近点/遠点距離とは、焦点が合う距離範囲のうち、最も近い点(近点)と最も遠い点(遠点)を言います。近点が近いほど、また遠点が遠いほど良い視力ということになります。